生存確認所

日々のつれづれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キケン

有川浩先生の『キケン』読みました。
有川浩作品は『ストーリー・セラー』しか読んだことなかったんですが、それがどうにも自分の好みと合致しなくて「この人の作品は合わないなぁ」と感じていたんですよ。
で、友達からオススメだよーとたまたま借りたのが『キケン』。
最初は読むかどうか悩みました。だって前回読んだのが合わなかったし。でもストーリー・セラーは短編だったし、オススメされたものを全く読まないのもどうかな、と思ってとりあえず読み進めました。

感想から言うと「これは面白かった」。
男子学生の織りなす青春ストーリー。これに熱くならないわけないわな。各章毎にそれぞれのエピソードだから空いた時間にサクッと読みやすかったし。
ただやっぱりこの人の文体というか文章構成というかは好きじゃないなと確信した。
各章最後に出てくる奥さんとのやりとり。これね、個人的に本当にいらないんです。
昔話を話して聞かせてるってのには意表を付かれたし、この構成にするのとラストへの運びを考えるとそうするのが良いんだろうなと思っても、やっぱりどうしても納得出来ない。
別に各章で話を分けるにしてもあの部分はなくても良かっただろうし、奥さんが出てくるのはラストだけでも良かったはず。
一人でアルバムを見つつ久々に学園祭に、という流れよりは後押しされて、の方が良いとは思うし。
ストーリー・セラーも思い出を振り返って的な内容だったけど、有川作品はこういうのが多いのかな?

しかしラストの黒板の寄せ書き、あのページを開いたときにはこみ上げてくるものがあった。おそらく自分が学生時代にこの話を読んでいたらここまで感じるものはなかったのかもしれない。
卒業して、学生時代を終えた今だからこその想いだったと思う。
やっぱり女同士の友情より、男同士の友情の方が強いと思うんですよね。学生時代の連中と未だにつるんでるっていうのは男の方が多いイメージあるし。やっぱり学生…特に高校・大学のときに築いた関係っていうのは一生モンだと思うんですよね。

綺麗に終わったと思うけど、全部描いて欲しい自分としては飲み会での様子も書いて欲しかったなぁ。
想像の余地があるのがいいと思うんですけどね、うちはやっぱり作者の方で全部きっちりかっちり描き切ってしまってほしい。これがこの作品の全てですよ、と。
まぁ、そういう作品ってほとんど無いんですけどね。残念なことに。

とりあえず『キケン』は青春友情ストーリーが好きな方なら1度読んで損は無い作品だと思います。
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/05/09(金) 13:49:24|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デスニードラウンド | ホーム | あけおめ2014>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mugenjyo.blog65.fc2.com/tb.php/1523-3e71b7bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

浅野しう

Author:浅野しう
美少女もえーなただのオタク。
お絵かき大好き。
将来は絵に関する仕事に就ければいいなと思っております。

お友達募集してますので皆様仲良くしてやってください*

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。