生存確認所

日々のつれづれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デスニードラウンド ラウンド2

2巻読み終わりました!
前巻よりもグロいwwwwそして題材がピー●君っていろいろとギリギリなwwww
先月オーバラップ文庫1周年記念クッキーのデスニードラウンドの柄がどう見てもピーポくんなんだけどこれwwwwwって思ってたら本当にそれ系だったのね…w2巻読んで理解。
ってか他の作品はメインキャラとかなのになんでデスニードラウンドだけ敵キャラ(しかも2巻にしか出てこない)なんだろう…謎w


以下ネタバレアリ↓













で、新キャラ登場。メイフォンはなんか絵が割とぶれているようないないようなそんな印象…wモノクロの一番最初の絵はとても良かったんだけどラストページの3人で寝てるところとか誰?とか思っちゃったしw
つかP君こえええええP君ファミリーこえええええwwwwwww
血だらけのP君とかいたらもっとパニックになるだろwとか思ったんだけどそこはフィクションですから…ってことなんでしょーか。途中出てきたおばあちゃんと警官が可哀想すぎてしゃーない。
1巻もグロいなーと思ったけど2巻はもっとひどくて想像するとまじうわあああぁぁぁぁ…ってかんじでしたねwP君キモチワルイヨー(^ω^)
ラストではうっかり泣いてしまいましたが…
あと今回ユリ頑張った!まじがんばった!ちょうなでなでしてあげたい。あと松倉さんツンデレすぎた。うむ。

そして物語の核心?になりそうなことがちょっと出てましたね。3巻でようやく物語のタイトルでもあるデスニードラウンドでの事件ってことでwktk。こないだ3巻発売したしはよ買って読まなきゃ…と思いつつ他に積んでる本が多すぎるのでまずはそっちから消化していこうかなとか思います(笑)時間ないよー!笑
スポンサーサイト
  1. 2014/05/28(水) 16:28:08|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美少女宇宙人とふしぎ道具回収のはずが肌色展開すぎてヤバイ

タイトルからしてどう考えても地雷だろこれは…と思いつつイラストの榎本ひなさんが好きだったので購入。
感想は、一言で言うと「エロくてよかった!(゚д゚)」でした(笑)

著者の遠野渚さんは元々はエロ小説家さんなんですね。そっちは全然読まないんで知らなかったです(=ω=)

個人的に気付いたのは、文章はさておき絵が好きで女の子がわちゃわちゃしてるような作品なら多少文体が気に食わなくても素直に楽しめるってことですかね。
いや、この作品に関しては文体は特に気になりませんでしたが。

とりあえずエロ妄想掻き立てられる良い作品だったのではと(笑)
このままガチエロにしてほしい笑
そろそろ2巻が出てもいい頃合いだと思うんだけどまだ出ないのかな?次巻も楽しみにしてます笑
  1. 2014/05/23(金) 11:51:07|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デスニードラウンド

デスニードラウンド1巻読みましたo
ラノベだし表紙の絵からもコミカルな内容なのかと思いきや重い!重いよ!!www



↓↓以下、盛大なネタバレ有↓↓






可愛い女子高生が多額の借金残して親に捨てられその借金を返済するために命を懸けて銃をとる…って好きな人にはたまらない設定だと思いますが。笑
あと銃の説明ね。弾の種類とかまでかなり細かく書かれててミリオタの人的にはこれはどうなんでしょう?自分はその辺サッパリわからないのでどの程度正確なことが書いてあるのかわかりませんが、詳しい人はニヤニヤしてしまったりするんじゃなかろーか。

やけに食事描写が細かいなぁ…と思っていたら、この人「ベン・トー」の作者さんだったんですね。全然知らんかった。そもそもベン・トー自体見たことないんですが…食事描写についてはなんか納得でした(笑)
飯がうまそうな作品は以下略的なことをよく聞きますが個人的には割とかなりどうでもいい部分なのでなんか…うん…どうでもいいっすね(笑)これがアニメ化とかしたらまた別なんだろうけどなあー小説に関してはどうでも…うん…(=ω=)

そして敵が最王手バーガーショップ「ワック」のイメージキャラクターロナウダとか…完全にマ●クのド●ルドやないか!wwwいやーこれほんとよくOK出しましたね(笑)
個人的には戦闘モノ好きなんで全然Okでしたけど、結構グロ表現も多いし表紙買いしてこれ無理だったーって人も多いんじゃないかなー。自分も「うわぁ…」て思うシーンありましたもん。

ラストのロナウダをルー君が抱きしめて父としての記憶を思い出すところは涙なくしては読めません…
その後まさかルー君ごと吹っ飛ばすなんて一体誰が想像したであろうか…予想裏切られまくりんぐで「ええええええええええええ!!?」ってかんじでしたわ…
狂気堕ちするロナウダに同情こそすれ不愉快にさせなかったところはうまいのかな?
後味悪いかんじで終わりましたが、これはこれで…と思える作品でした。
ところどころコミカルなシーンはあるもののやっぱり全体的に重いね!!でも面白いです。グロ耐性のない人にはオススメできませんがそうでない方で気になっている人は一度読んでみてもいいかも。もうすぐ3巻が出るようなのでそれまでに2巻も読まなければw
  1. 2014/05/15(木) 10:35:25|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キケン

有川浩先生の『キケン』読みました。
有川浩作品は『ストーリー・セラー』しか読んだことなかったんですが、それがどうにも自分の好みと合致しなくて「この人の作品は合わないなぁ」と感じていたんですよ。
で、友達からオススメだよーとたまたま借りたのが『キケン』。
最初は読むかどうか悩みました。だって前回読んだのが合わなかったし。でもストーリー・セラーは短編だったし、オススメされたものを全く読まないのもどうかな、と思ってとりあえず読み進めました。

感想から言うと「これは面白かった」。
男子学生の織りなす青春ストーリー。これに熱くならないわけないわな。各章毎にそれぞれのエピソードだから空いた時間にサクッと読みやすかったし。
ただやっぱりこの人の文体というか文章構成というかは好きじゃないなと確信した。
各章最後に出てくる奥さんとのやりとり。これね、個人的に本当にいらないんです。
昔話を話して聞かせてるってのには意表を付かれたし、この構成にするのとラストへの運びを考えるとそうするのが良いんだろうなと思っても、やっぱりどうしても納得出来ない。
別に各章で話を分けるにしてもあの部分はなくても良かっただろうし、奥さんが出てくるのはラストだけでも良かったはず。
一人でアルバムを見つつ久々に学園祭に、という流れよりは後押しされて、の方が良いとは思うし。
ストーリー・セラーも思い出を振り返って的な内容だったけど、有川作品はこういうのが多いのかな?

しかしラストの黒板の寄せ書き、あのページを開いたときにはこみ上げてくるものがあった。おそらく自分が学生時代にこの話を読んでいたらここまで感じるものはなかったのかもしれない。
卒業して、学生時代を終えた今だからこその想いだったと思う。
やっぱり女同士の友情より、男同士の友情の方が強いと思うんですよね。学生時代の連中と未だにつるんでるっていうのは男の方が多いイメージあるし。やっぱり学生…特に高校・大学のときに築いた関係っていうのは一生モンだと思うんですよね。

綺麗に終わったと思うけど、全部描いて欲しい自分としては飲み会での様子も書いて欲しかったなぁ。
想像の余地があるのがいいと思うんですけどね、うちはやっぱり作者の方で全部きっちりかっちり描き切ってしまってほしい。これがこの作品の全てですよ、と。
まぁ、そういう作品ってほとんど無いんですけどね。残念なことに。

とりあえず『キケン』は青春友情ストーリーが好きな方なら1度読んで損は無い作品だと思います。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/05/09(金) 13:49:24|
  2. アニメ・漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

浅野しう

Author:浅野しう
美少女もえーなただのオタク。
お絵かき大好き。
将来は絵に関する仕事に就ければいいなと思っております。

お友達募集してますので皆様仲良くしてやってください*

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。